最後の授業その②〜治療の日々を支えてくれたもの〜

最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

38歳で診断された大腸がん(直腸がん)。小児がんに続く二次がんだった。手術、放射線、抗がん剤など治療を続けるものの、再発さらには再々発を繰り返し長引く入院の日々。その日々を取材したドキュメンタリー映像を通して、これまでにない“緩和ケア”の概念を伝え、緩和ケアから導き出される“生きるための支えとは何か”を考える。
映像後の延さんの感想に、その思いは凝縮されている。