最近の投稿

がん一万人の声, 乳がん70代 女性, 子宮頸がん

がんになったことは、私の試練と使命かなと思う。

10年前に子宮頸がんになり、全摘出手術後に辛い抗がん剤治療、4年前にくも膜下出血。その後に脳梗塞。3年前にがんが見つかりました。

がんの手術後は放射線治療し、今は定期的に検査をしながらホルモン剤を飲んでいます。

検査の度に”再発”という文字・言葉がいつも頭の中によぎって不安から離れることはずっとありません。

がんという病気と仲良くすることは、本当に大変ですが一日一日を少しづつ、少しづつ前に向かって。

がんと喧嘩をしても仕方がないので、仲良くしていこうと今は考えられるようになりました。

現在、私のがんになって体験したことを周りの方々に理解していただくために、皆さんにお話をしていこうと思っています。

それが私ががんになった事の使命かなと思っています。

M・Sさん(70) 女性

がん一万人の声50代 女性, 子宮頸がん, 私のできること

がんの告知をされた時、私は会社を営んでいました。
その為、自分自身の体を一番に考える事が出来ず、治療より仕事を優先してしまい、病気が進んでしまっていました。
中小企業では、社長や役員が必死になって働かなくては会社は成り立って行かず、「病気イコール廃業する」と言う人は少なく無いと思います。私自身も術後しばらくの間頑張っていましたが、無理が出来ず、結果廃業することになり、経済的に苦しくなりました。
がんになって生活スタイルを変えなくてはいけない人がたくさんいると思いますが、何とか生活スタイルを変えなくても良い様、世の中の理解や治療法が出る事を期待したい。
今はがんになった事で何が出来るか模索中です。