届けよう! がん一万人の声

がん一万人の声
2016/8/9 掲載
がん治療私のできること仕事大腸がん50代女性

100歳まで生きられると自負していた私に訪れた突然のがん告知。
「人生は何があるかわからない」 ずっと前に娘が発した言葉を思い出しています。
 長さより深さを考えるようになった私の人生は
”誰かのためにできることをしたい”
”今できることは今” そんな風になっています。
 予防のために勧められた抗がん剤治療を選択せず、自分の身体は自分でも守ると決め、がんと共に一日一日生きていることは感謝の毎日でもあります。
 職場の予防検診で見つけていただいたがん。 仕事をしていなければ・・・そう思うとこれからの生き方は ”私にできることをしていこう”と強く思わせてくれます。

~繋がれし命の意味を問う九月 感謝の中で 誰かのために~