がん一万人の声75歳 男性, がん治療, 腎細胞がん

私は41歳の時急性肝炎で倒れ、一年間入院しました。それ以来75歳の今日まで14回入院し、8回手術を受けています。病名も多様で、急性肝炎、慢性肝炎、前立腺肥大、椎間板ヘルニア、左右のそけいヘルニア、消化管出血、そして右腎細胞がん、肝細胞がん3回です。これだけの病気に耐えてこられたのは、妻や家族の支えがあったからだと思います。
がんについては肝炎治療を継続して行う中、定期的に血液検査やCT、MRI検査を行っていましたので、4回とも発見が早く、早期治療が出来ました。がんは、早期発見、早期治療すれば決して怖い病気ではありません。

がん一万人の声75歳 男性, 腎細胞がん

妻は高校の同級生で、20歳で結婚しました。1男2女、孫が7人います。妻には、私の看病、子育てなど大変な苦労をかけてしまいました。私を支えてくれた妻が、私の腎臓がん手術のあと(その後肝細胞がん3回)、もの忘れがはじまり、アルツハイマー型認知症と診断されました。3年前から歩くことも話すこともできなくなりました。現在デイサービスを利用しながら在宅介護をしています。何年続くかわかりませんが、私の体力の続く限り在宅を続けようと思います。それが妻へのお返しです。

がん一万人の声75歳 男性, がん治療、大切なこと, 腎細胞がん

私は病気とは闘わないことにしています。病気も身内だからです。特にがんが見つかった時には「がんよ私を殺すなよ。私が死ねばお前も死ぬのだぞ」と呼びかけています。