最近の投稿

がん一万人の声, 乳がん60代 女性, がん教育, 乳がん

義務教育の中にがん教育を取り入れて、子供のころからがんについての理解を進めること。その教育の場にがん経験者を活用して体験談等を通じてより理解を深めることが必要です。

がん一万人の声, 乳がん60代 女性, 相談支援センター, 乳がん

がん相談支援センターにピアサポーターを活用して、患者の立場に沿った支援活動をしてほしいと思います。

がん一万人の声60代 女性, 検診, 肝臓がん

がん検診を徹底する事でがん死を防ぐ。しかし大阪ではどのがん検診もワースト1か2である。もっと気軽に受けやすくする為、府や市町村で考えてほしい。特に肝がんはウイルスが原因と明らかである。会社での健康診断でウイルス検査を取り入れる企業が増えているのでこれを更に徹底し陽性者の発見に努めてほしい。検査機関が事業所に出向いて効果を挙げている佐賀県方式を自治体は取り入れて欲しい。

がん一万人の声60代 女性, 医療従事者, 形成治療

形成治療の評価がなされていない。医師の大変さが分からない状態。ボランティア精神では病院はなりたたない。患者中心のチーム医療はその通りですが、専門家の力量向上も大切。

がん一万人の声, 乳がん60代 女性, 乳がん, 検診

北斗晶さん(元プロレスラー)が、乳がんになり手術されました。毎年検診を受けておられたらしいのですが、乳首の近くの癌で見つけられなかったらしいですね。そういう事も皆さんに知らせて欲しいです。

がん一万人の声60代 女性, がん治療, 胸腺腫

悪性度の高い胸腺腫。がんになって8年目。3回の手術、2回の化学療法、5回の放射線治療(うち、内用放射線治療3回)を受けた。また、ホルモン療法を継続している。セカンドオピニオンは3回受けた。今年も主治医と自分の意見が合って、症例の多い名古屋市立大学に行った。「骨転移している症例は珍しいです」と言われた。経口薬の処方を受け、今は症状が落ち着いている。秋田カフェに参加して、サイバーナイフの治療があることを教えてもらった。次は、サイバーナイフに挑戦したい。

がん一万人の声, 乳がん60代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

10年間、乳がんのことはプライドがあったため言えなかった。がん=死。みんなに「あの人は死ぬんだよ」とうわさされるのが嫌だった。退職してがんサロンに来て、はじめて自分から言えた。もっと早くから発信していればよかったと悔やんでいる。でも今でも子供には「なぜ言わなければならないの?」と反対されている。私の話を聞いて一人でもがんを減らしていきたい

がん一万人の声, 乳がん60代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

3年半前に乳がんを自分で見つけた。一人だけに打ち明けたのに、2,3日後には近所中に知れ渡っていた。それならみんなに話してしまおうと開き直り、いろんな会に行って乳がんの話をすることにした。今までがんのことは黙っていた人から、「あなたのおかげで初めてがんだって言えた」と言われた。自分が元気でいることが、みんなに元気をあげられると思っている。

がん一万人の声60代 女性, がん治療、大切なこと, 中枢神経原発悪性リンパ腫

がんになって社会とのしがらみがなくなった。素直になれた。喜びも感じる。キャンサーギフトだと思う。

がん一万人の声60代 女性, がん治療, 中枢神経原発悪性リンパ腫

医者と家族と患者が一緒になって納得のいく治療を探すべきだが、最終決定をするのは本人だ。