がん一万人の声30代 女性, 生き方, 胸腺腫

出産と病気が重なって体の不調に気付けなかった。ストレスががんに一番よくないのでストレスのない生活を送りたいけど、なかなか難しい。自分の身体を大切にして、ゆっくりしたペースで生きていきたいと思う。
 

がん一万人の声, 乳がん70代 女性, 乳がん, 生き方

がんと聞いたときは、意外に恐怖感もなく、「どんなウイッグ(かつら)かぶろうかな・・・」と考えていたなんて、呑気ものでしょう、ハハハハ。
知人たちにも早期だと抗がん剤もいらないのよ、と吹聴しています。
主人は、お酒もたばこも嗜まなかったのに、胃がんのため38歳で天国へ。単身赴任して、もはや42年経ちます。私は、血管破裂即死を免れ、今年76歳。ちょうど、主人の倍、歳を重ねました。もう、おまけの人生を送っている私へ主人から超特急の片道切符が届くのを待っています。(ドタキャンはしませんから。)
子供3人、孫7人。みんなで労わってくれて幸せです。笑顔でいましょう。

がん一万人の声, 乳がん70代 女性, 乳がん, 生き方

患者会で会員にがんに罹患する前にどんなドラマを抱えていたか、と質問したことがある。ほとんどの人が「ああ!思い当たることがある」と答えていた。そしてその大半がストレスだった。私も例外ではない。沢山の思い当たることがある。当然のことだと思う。人はこの世に生を受けた時から人生の波に晒される。小さな波もあれば、荒波もある。100%なにも無い人などいないに違いない。がんであってもなくても変わらないのではないかと思う。どんなにつらくても、苦しくても、人は生ある限り生きていかねばならない。インドではコブラは知恵の神様として厚い信仰を受けていると聞いている。それならば、蛇のようにくねくねと、様々な障害をかわしながら、知恵を働かして生きていけたらと願っている。