がん一万人の声, 乳がん50代 男性, 願い, 乳がん

妻が乳がんです。

がん患者の家族になって、あたりまえの日々を
あたり前に過ごせる幸せに気づきました。

がん検診の受診率の向上を願っています。
 

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, わたしのしたいこと, 乳がん

乳がん患者という立場になって、8年目を迎えました。
患者になったばかりの頃は、先の見えない不安に心を乱されたり、まわりから心配されるようになっ
た自分に対してうまくバランスが保てなくなり
「患者なんて立場、早く終わりにしたい」と悲しんでいましたが、ご縁があって昨年から、院内乳が
ん患者会の会長を務めさせていただいています。

もし今、8年前の自分の側にいられるなら、そっと背中をさすってやりたいです。
大丈夫、またいっぱい笑えるようになるから…と。
少し緊張なさりながら患者会に来られる方のご様子が、8年前の私の姿に重なります。

乳がんになって、悲しかったりくやしかったり申し訳なかったり…
そんな気持ちがフンワリ和らぐ場所作りのお手伝いをさせていただこうと思っています。
 

がん一万人の声50代 女性, 乳がん, 希望

これまでは仕事ばかりの人生だった。がんになって治療もひと段落。辛かった時は髪の毛が抜けて外出できなかったこと。引きこもりになりましたね..。病気になってもならなくても時間が進むのは同じ、今出来ることを何でもやってみたい!

がん一万人の声, 乳がん30代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

乳がんになったことを家族、友人に話したことで、沢山サポートしてもらった。辛い時に夕食を持ってきてもらったり、子どもを預かってもらったり。髪の毛が抜けた時も子ども達がカツラで遊んだり笑い合って過ごせた。温泉に行きたいけど、(乳房ふたつ取ったので)まだ勇気がでないかな。

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, 乳がん, 希望

がんになって10年経ちました。一番辛い時に救ってくれたのは患者会の仲間たち。それまで自分のことばかり考えていたけど、今は社会のために役立ちたいなと思っています。夢は…孫と一緒にホノルルマラソンに出たいな。

 

がん一万人の声, 乳がん30代 女性, 乳がん, 希望

お弁当や夕食作りが副作用で辛い時があります。自分が出来ない時にどうしたら…と考えます。大きな夢はイタリアなど海外旅行へ行くこと。小さな夢は友人と一緒に温泉に行きたいな。

 

がん一万人の声, 乳がん友人, 40代 女性, 乳がん

身体は元気になったけれど精神的に不安定。どうして家族に辛くあたってしまうんだろうって思っていたけれど、これも副作用だと知った。今は通院しながら、ようやく心をコントロール出来るようになって、家族とも楽しく過ごせるようになれて嬉しいです。

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, がんと36年つき合って、今思うこと, 乳がん

まだ”ありがとう”という気持ちまでには届きません。
でも、がんになって死と真剣に向き合えたことで、
一日一日を丁寧に生きることが出来ていることは、
私の宝となっています。

 これからしたいことは沢山あります!
岩手県で一番高い岩手山に登りたいし、英語を学んで外の世界に触れてみたい。
また、心と身体にいい場に身を置きたいし、自分もその場の一人になりたいと思っています。

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, 乳がん, 告知

平成25年1月10日、右乳の下の方がグジョグジョしてきたので、乳腺症が悪化したかと思いS病院の外科へ行きました。患部をみるなり「乳がん末期ですね、この状態で3ヶ月もった人はいません、いままでの経験上・・・」。
いろいろ検査をし、CT画像やエコー検査画像やら血液検査等々・・・何がなんだか、疲れはてました。結果は変わりなく、乳がん末期ステージⅣ余命3ヶ月。「うちでは手におえないし何もできないから、K大学に紹介状を書きますから、すぐに行って下さい」といわれ、もうがん宣告されたので、まな板のこいって感じ。とにかくすぐに行き、また同じ検査、検査、その結果「余命3ヶ月、抗がん剤がきいて、がんが小さくなって切っても長くて3年だね、抗がん剤があわなかったらすぐ死ぬよ、どうする?」ですって。頭にきたので、それを聞きにきたのだと怒ってやりました。
 

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, がん治療, 乳がん

「乳がん末期、余命3ヶ月」と診断されS病院に1年間定期的に通ってみました。その間、ホルモン剤とゾメタの治療のみ、肺と肝臓のがんが消えました。精神力かな~♡
どうしても消えない、右頸部リンパ節がんと、多発性転移で骨のあちこちに!頸部リンパ節にまっかな3㎝×4cmのコブができ、外科では手術でとれないといわれ、コブからは血がふき出てくるようになり、早く何とかしないと思い、先生に他の治療はないのかと聞き、やっと、いやいやだが、放射線の先生を紹介してくれました。
K病院の高精度放射線治療センターのF先生との出会いでした。
F先生のもと、Pet-CT検査をうけ、その結果「コブとれます。骨に転移したものや、原発の乳がん、とりましょう」と言ってくれました。それから2年、12ヶ所におよぶ放射線の治療をして、だいぶなくなりました。