がん一万人の声, 乳がん30代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

乳がんになったことを家族、友人に話したことで、沢山サポートしてもらった。辛い時に夕食を持ってきてもらったり、子どもを預かってもらったり。髪の毛が抜けた時も子ども達がカツラで遊んだり笑い合って過ごせた。温泉に行きたいけど、(乳房ふたつ取ったので)まだ勇気がでないかな。

がん一万人の声がん治療、大切なこと, 福祉介護職 男性, 遺族

鳶巣賢一先生の考え方にとても共感を覚えました。経済資源は限られていますし、本当の意味での一億総活躍時代と思っていました。がん患者でも自分のことだけにとらわれず、人の役に立つことをしていけば、幸せは感じられると思います。お互いが助け合える社会になればと思い、私も仕事に従事したいと思います。

がん一万人の声70代 男性, がん治療、大切なこと, 腎がん

腎がんの新薬承認(ニボルマブ)を早くしてほしい。ガンマナイフ、BNCT等の高度放射線治療の開発を推し進めてほしい。

がん一万人の声50代 女性, がん治療、大切なこと, 医療従事者

人は誰もが「生老病死」という避けることのできない運命の中で、有限の生を生きています。今回「生きること」「幸せに生きること」の意味を根底から考えさせていただきました。どんな生の中でも、人は幸せを求めることができる。幸せを求める権利は誰からも奪われることはない。幸せは自分の心が決める・・・様々なことを思いました。その思いを支えてくれる国であってほしい。そんな国こそ、本当の意味の先進国だと思います。𠮷野ゆりえさんのダンスボランティアに参加させていただきたいです。

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

化学療法や治療をしても、治る見込みがなくなると転院を要求される。最期を心安らかに過ごせる場所も必要。途中で見放す医療ではなく、最後の最後まで治療だと思う。医師にも患者のケアの研修をお願いします。

がん一万人の声, 乳がん50代 女性, がん治療、大切なこと, 乳がん

がん患者・家族の心のケアのできるセンターみたいなものを作ってほしい。誰の目も気にせず、身も心も解放できる場所を。世間から隠れることなく、がんと向き合い普通にがんと共生できる社会を実現してほしい。

がん一万人の声20代 女性, がん治療、大切なこと, 医療従事者

私は現在、歯科衛生士として働いています。臨床の場でがんの患者さんと触れ合う機会は現在、ほとんどないのですが、がん医療の現状に触れたいと思い、きょう参加させていただきました。
医療に関わる者としてがんと無関係ではいられないと思います。今回のように患者の話を直接聞ける機会がなかなかないので、貴重な機会をいただき有難く思っています。実際の患者の体験談やがん医療を取り巻く状況について改めて確認することができ、勉強になりました。

がん一万人の声50代 男性, がん当事者の家族, がん治療、大切なこと

遅れている緩和ケア、特に外科医に対しての教育の仕方。患者・家族に対する思いやりが全然ない。高額療養費に見合った治療を受けていない。終末期がん患者に対する治療が見込めない。足りないホスピス(緩和ケア病棟)の現状。

がん一万人の声20代 男性, がん治療、大切なこと, 精巣がん

初めて参加しましたが、わかりやすい講演も多く勉強になりました。来年はWEBで見ることが出来るのは嬉しいです。

がん一万人の声60代 女性, がん治療、大切なこと, 中枢神経原発悪性リンパ腫

痛みが激しく十二指腸に流れていくことのできない胃液が1リットルも溜まる状態。手を入れられてえぐられているような状態だったが、「絶対生きる」と言い聞かせていた。痛みや吐気は薬で対応。生きようとする力は家族や友人に支えられてのこと、とがんになって初めて知った。