闘病記図書館が紹介されています

対がん協会のがんサバイバークラブホームページに、闘病記図書館が紹介されています。担当の記者の方が数回、図書館を訪れてくれて、実地に取材をした記事なので星野史雄さんのことを含め詳細に語られている他、闘病記の持つ意味合いにも造形のあるコメントをいただきました。今更ながらに、星野史雄さんの遺産の大きさを噛み締めているところです。ぜひ、記事に触れ、また闘病記図書館にも足を運んでいただきたいと思います。

伊豆半島に闘病記図書館「パラメディカ」を訪ねて~
https://www.gsclub.jp/tips/10800

がんサバイバークラブホームページ