最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

13歳で小児がんを経験し、38歳で大腸がんと診断された延哲也さん。 2016年3月26日に行われた最後の授業は、長いあいだ病と向き合い続け、 ひたすらまっすぐに生きた、延哲也・人生の記録。 「一人でも多くの人に出会い、一人でも多くの人と話がしたい」。 その思いを叶えた45年の人生は、出会った人たちそれぞれ胸の中で 生き続ける…。

最後の授業〜延哲也を生きるということ〜総集編。

最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

2015年12月。抗がん剤による治療が中止となった。
6年間続けてきた積極的な治療が難しくなり絶望の淵に立たされた延さん。授業の後半にその時の思いを語った。妻の浩子さんをはじめ教え子らとの交流が胸に迫るとともに、最後まで自分らしく生きていこうと決意する延さんに万感の拍手が送られた。
最後の授業。最後のメッセージ。

最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

発症から6年間。再発と治療を繰り返す日々。
そのなかで希望も生まれた。それが、長年主治医として寄り添ってくれた稲田医師との結婚だ。延さん43歳。抗がん剤に耐性ができ、がん治療は厳しい状態を迎えつつあったが、伴走者とともに病と向き合えるようになった。
涙と笑いが交差した6年をたどる。

最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

38歳で診断された大腸がん(直腸がん)。小児がんに続く二次がんだった。手術、放射線、抗がん剤など治療を続けるものの、再発さらには再々発を繰り返し長引く入院の日々。その日々を取材したドキュメンタリー映像を通して、これまでにない“緩和ケア”の概念を伝え、緩和ケアから導き出される“生きるための支えとは何か”を考える。
映像後の延さんの感想に、その思いは凝縮されている。

最後の授業, 小児がん, 動画, 直腸がん延哲也さん

ネクタイをして、いつもように元気な挨拶ではじまった最後の授業。がんが進行し、心身の疲労や痛みに悩まされるなか、延さんにとって大切な一日がはじまった。
最初に語り出したのは、「なぜ教師になろうと思い至ったのか」、そして「何を伝えようと考え続けてきたのか」。そのきっかけは、13歳の時の小児がん経験にあった。