がん一万人の声, すい臓がん仲間

下痢が続き検査をしてもらうと、まさかのすい臓ガン!余命半年宣告から2年7ヶ月!体は医者を信じて任せて!自分は心の治療を中心に!泣いて塞ぎこんでても治らないから!

貴重な人生!笑って楽しく過ごさないともったいないと決めた事で、今の私がいる。当たり前の、普通の生活がある意味、「奇跡!」周りに感謝して、自分を信じて、愛して!ガンになったからこそ新しい仲間、出会いがあった!今はガンになって良かったと、人生を笑って楽しく過ごしています!これからもなるようになる!

あきらめない!で楽しみます! ♪♪♪♪♪♪♪♪♪

がん一万人の声, すい臓がん60代 男性, がん治療, 膵臓がん

教職生活を無事、終えた安心感もつかの間、胃のあたりに違和感が次第に大きくなり、病院で検査した結果、すい臓に3センチメートルのがんが見つかりました。

手術は難しいということで、落胆してしまいました。人づてに体を温めることに専念することを聞き、足湯や湯タンポを使って体温を上げることを心がけています。

体調もよく、違和感が少しずつ少なくなって希望を持っていたのですが、痛みが徐々に強くなり、痛み止めを服用しだしました。

抗がん剤はしないことで腫瘍科の先生も了解されて、アドバイスをいただいています。

いろいろな情報をもとに自分で招いた病気は自分で治すしかないと思っています。
不安解消と希望を見いだせたら幸いです。

これからよろしくお願いいたします。